FC2ブログ

東大、京大、一橋

一橋大学
高校生が行きたいと思う大学はやはり東京大学でしょうか。

東大を批判する人の殆どは実は東大コンプレックスの塊のようです。

竹中平蔵も一橋の出身ですが、実は東大コンプレックスが激しい男だったと、『市場と権力』という本の中で書かれています。

教える側の人間として、どこの大学の入試問題が一番魅力的か?面白いか?ということになると、私は一橋大学の入試問題に魅力を感じます。

というより、東大の問題はつまらん!一生東大の問題を研究しちょれ❕言われたら、そりゃ勘弁ぜよ!

東大は理科一類~文科三類まで、医者、科学者、弁護士、官僚、文学者、サラリーマン、OLまでありとあらゆる分野の金の卵を選別するので、結局、特徴のない問題が多くなるのでしょう。

一方、一橋は「トップ・オブ・インダストリー」と言われるように社会科学のエリートを選別するための入試問題だということがはっきり判ります。

特に、一橋の倫理・政経の問題は一生やっちょれ、と言われて、そりゃ嬉しいぜよ!というリアクションになるような問題です。

京大は英語・数学が癖があり、その教科の先生なら興味・関心が持てなくもないのでしょうが、歴史はつまらんですな。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント